Freshman/Environment/Windows

提供: WMMC Wiki
< Freshman
2018年4月9日 (月) 17:28時点におけるWMMC (トーク | 投稿記録)による版 (ページの作成:「= 開発環境の導入(Windows編) = 今回用いるSTM32マイコンは,Windows,Mac,Linuxのいずれでも開発環境を整えることが可能である...」)
(差分) ← 古い版 | 最新版 (差分) | 新しい版 → (差分)
移動先: 案内検索

開発環境の導入(Windows編)

今回用いるSTM32マイコンは,Windows,Mac,Linuxのいずれでも開発環境を整えることが可能である。

このページでは,Windows環境下でマイコンの開発環境を整えたいと思います。

Windows環境下で必要なソフトウェアは以下の通りです。

  • System Workbench for STM32 …… 統合開発環境。プログラムの作成,コンパイルをこのソフトウェアを使っておこなう。
  • WMMC STM32 Programmer …… マイコンにプログラムを書き込む際に必要なソフトウェア。

System Workbench for STM32

ダウンロード

OpenSTM32のSystem Workbenchのダウンロードページからインストーラをダウンロードしてください。ダウンロードにはOpenSTM32のアカウント登録が必要なので注意(面倒なら他の人からインストーラを貰えば良いと思う)。

今回はWindows環境下での仕様を想定しているので,「Latest Windows 7 64 bit installer」をダウンロードします。サイズが500MB近くあるのでダウンロードに時間がかかります。お茶でも飲みながらゆっくりしていてください。

インストール

ダウンロードした(.exe)ファイルをダブルクリックすると,インストーラが起動します。インストールは画面の指示通りに進めれば良いです。途中,ST-Linkのドライバのインストールをするか否か問われるが,迷わず「インストール」を選びましょう。

ソフトウェアを起動する

スタートメニューの「System Workbench」フォルダの「System Workbench for STM32」か,デスクトップの「System Workbench for STM32」をダブルクリックしてソフトウェアを起動します。

起動時,「Select a workspace」なるダイアログが出現します。初期設定は「C:\Users\ユーザー名\workspace」で問題は特に無いです。「OK」を押します。

プロジェクトの作成

  1. 「メニュー>File>New>C Project」を選択。
  2. 「Project name:」に任意の名前を入力。「Project type:」は「Executable>Ac6 STM32 MCU Project」に,「Toolchains:」は「Ac6 STM32 MCU GCC」に。「Next>」を押す。
  3. 「Release」のチェックを外しても構わないし,そのままでも良い。「Next>」を押す。
  4. 「Board」タブが選択されているので,左上の「Mcu」と書いてあるところをクリックして「Mcu」タブに切り替える。
  5. 「Series:」を『STM32F3』に,「Mcu:」を『STM32F303K8Tx』に設定する。「Next>」を押す(『Finish』を押してはならない)。
  6. 「Hardware Abstrction Layer (Cube HAL)」にチェックを入れる。
  7. はじめてプロジェクトを作成した時はライブラリのダウンロードが必要。「Download target firmware」を押してライブラリをダウンロードする。
  8. 「Add low level drivers in the project」にチェックを入れた上で,「As sources in application project」を選択する。「Finish」を押す。

以上でプロジェクトの作成が完了したと思いきや,残念ながら不完全です。プロジェクトの「startup」フォルダ内の「startup_stm32.s」を差し替える必要があります。

  1. 「Project Explorer」(ウィンドウの左側)のプロジェクト名が書かれたフォルダの中の「startup」フォルダの中にある「startup_stm32.s」を「startup_stm32f303x8.s」に差し替える。

コンパイル

「メニュー>Project>Build Project」を選択するか Ctrl + B キーを押すとコンパイルされます。すると,プロジェクトの「Debug」フォルダに.binファイルが生成される。


WMMC STM32 Programmer